群馬県高崎市でLP・EPレコードを買取しました。

本日は高崎市にて、LPレコード、EPレコードの買取をさせていただきました。
数量はおよそ120枚ほどでした。

お電話で「SPとLP盤がある」とのことでしたので、お伺いしたところ、
SPというのはEP盤の間違いであることが判明。
CDの場合シングル盤はSCDと略すこともありますので、レコードに詳しくない方は
間違えて、レコードのシングル盤をSP盤と呼ぶ方もたまにおられます。
しかしレコードの場合、シングル盤は一般に、ドーナツ盤とかEP盤と呼んでいます。

豆知識ですが、LP盤のLPはLong Playの略、EP盤のEPはExtended Playの略、SP盤のSは
Standard Playの略になります。ちなみにEP盤は一般にドーナツ盤とも言われますが、
EP盤と同じ大きさでも、真中に大きな穴が開いていないコンパクト盤というのもあります。
EP盤は45回転で再生するのに対し、コンパクト盤はLP盤と同様、33回転での再生となります。

今回は、洋楽の日本盤、邦楽のレコードを多くお売りいただきました。
邦楽の方はあまりお値段が付きませんでしたが、快くお売りいただくことができました。

【群馬県 高崎市の本・レコード・CD・DVD出張買取なら なりたや書店へ】

コメントを残す